こんにちは!!
care">

介護保険を申請していない???末期がん患者の約6割!!

こんにちは!!
carecare(ケアケア) 介護施設和歌山です。

本日は「
介護保険を申請していない???末期がん患者の約6割!!
についてのお話しです。
せっかく制度が整えられていたとしても、肝心の広く人の間に知れ渡っていなければ、必然的に使われる機会は少なくなります。
がん患者のサポート団体が、現役世代の40歳から64歳までの末期がん患者の約6割が「介護保険を申請しなかった」という驚きの調査結果を発表し、波紋を呼んでいます。
これは現役世代のがん患者を看取りまで介護した経験がある約200名に、特定非営利活動法人(NPO)HOPEプロジェクトが、アンケート調査をインターネットを通じた形で行ったものです。
全体の約64%が、集計・分析の結果、介護保険を「介護保険が利用できることを知らず、病院からも教えてもらえなかったこと」ことを理由に、申請していなかったそうです。
また、末期がんでは介護認定が受けられたとしても、「適正な評価とはいえない低い評価を受けた」と感じている人が多く、全体の約39%が「要介護1」以下で、介護用ベッドなどの貸し出しを受けることもできなかったといいます。
病状が進行していくと、末期がん患者の方は、自力で起き上がることが難しくなり、歩行もできなくなるケースが大半です。
余命6ヵ月以内と診断された場合、介護認定を受けた上で訪問入浴サービスや電動の介護ベッドや車椅子をレンタルが受けられるようになっています。
情報経路が介護保険の利用に関しては「自治体から教えてもらった」がもっとも多く、自治体のおよそ半分程度の人が病院の医師や看護師、相談室などから聞いたという人数に留まっています。
情報を広く人の間に知れ渡ること徹底していくには、こうしたところから強化が必要かもしれません。

carecare 和歌山では
和歌山市内の介護事業所で
掲載店様を大募集しております!

詳しくはコチラの番号まで
0664805437